とびだせどうぶつの森の魚釣りイベントの思い出

このシリーズはおいでよどうぶつの森と街へ行こうよどうぶつの森を既プレイだったので買いました。村長になれるということだったので自由度も高いのだろうなと踏んでの購入でした。プレイしての感想はイベントがひたすらに多い、ということです。思い出に残っているのは、回数も使用も随分変わったんだなと感じた釣り大会です。とびだせどうぶつの森の釣り大会は1月から5月までと、10月から12月までのほぼ毎月あります。以前のシリーズだったら村人がどれだけ頑張っても釣れないような、シーラカンスであったり大き目の魚を事前に釣って渡すだけという感じでしたが、近作のつり大会は釣る魚の指定をされるときがあります。魚を指定されないときであれば前シリーズのときのずるい勝ち方も出来ましたが、魚指定の大会の日は本当につり大会に参加せざるを得ないのです。大会中に魚のサイズを更新することが出来ると家具をもらえるという仕様だったので、先に釣った住人の記録より微々たる数値の上書きを繰り返して記録更新をしながら家具をもらっていくという、違う意味で熱意をもった魚釣りをすることができました。ただ、つり大会に参加していたのに表彰されなかった場合、住人に慰められたような記憶があるのでそこだけちょっとムッとしたりはしました。